ichi-mason’s blog

今日も月がきれいです。(「一」イチ管理人)

豪ごおう

  f:id:ichi-mason:20160801204801j:plain



ごうごおう

ごうご王

身も心も奪われる




ごうごおう

強ごおう


全身に山の息吹を与えられた




やまない風に

全身がびちょびちょだ




木々と岸壁に囲まれた

中空に伸びゆく光線の幹



やまない営みがつくり出す世界は

ただただ誠実だ



後背にエネルギーの渦が相まって

全身の感覚を呼び覚ます




畏れさえも

親しみさえも

 



あの雨粒のひとつになりて

光をその一身に浴び



七色に輝くのだ

 

誰もが輝くのだ



  








黄金の時

f:id:ichi-mason:20160801204755j:plain

 


空と海がごっつんこ

ばりっとゆらっと光の反響が鳴りやまない



境目はどこまでも遠く

 

境目は何よりも丸く包み込む




陽が落ちゆくその時と

無限に続く波の揺れに

明かりに照らされた輪が一つの世界を共に過ごす

 

 

これからどれだけ大きくなろうかな

これからどこまで行こうかな



良きかな良きかな 今この時だけの


準備はよきかな まだ見ぬ世界をのぞきにゆくのだ


カナカナカナカナカナ



蝉の声が鳴りやまない


さまーさまーの夏がやってくる



ミルク入りのかき氷が美味しいね





地球の上のお日様の下

f:id:ichi-mason:20160407021102j:image

いやっほい やっほー

春 きたりて

愛でる世界は

なに色かな     




さて。
ご無沙汰です。
さっき年越ししたと思ったら
もう春じゃありませんか。
ねえ。

いやはや。


さて、今日は

「地球のうえのお日様のした」
のおはなしです。










それは

それは

観たことの無い世界 



蒼碧の霧に包まれて 
濃ゆく広がる群緑を 
色彩を司る一族が紡ぎ吐いている

動物の恋に深土が心打ち 
波が鳴り 
光が成走り 
根の音の子が生まれる 

熔けた金属 まっすうぐに天に伸び

土混じり 硬化し 命育む

芯 柔らかく与えて 包みこむ



ごーーーーん ぐーーーーん 遠くから

ざんざかざんざか 
じゃんじゃが 
じゃんじゃが 

近くから

はくはく 
はくはく 
やわやわ
やわやわ

時折
三層の甘いお菓子があらわれる

よーーーーっと 
いーーーーーっと 
てんてん ぬくかん

かたこと 
ことこと 
せかこと 
くとくと 
ててて ててて っ 

中から

外から 

線から

点から

くつくつと 
ふつふつと 
ぬうてく糸の 
ぬうてく糸と糸の間の摩擦


そして

あたたかな 
ぼりゅうむある綿花が届けられる

さあさあ、世界を織りなす音色が響いた。
それはいつも突然なんだ。



日暮れどき
どなたに様にも気付かれない息吹が流れ

大きく動いて 輝いているのに 誰もその姿が見えやしない



目を覚ました 誰しもを透過する光の中で


ひとつひとつを 
手さぐりで 
たしかめる

どうやら 
わたしたちは 
とても近くにいるようだ


てとてとあわせて 
役をひとつおどりだす 
誰にもまねできない心動を



自他共に認める太陽達 星々が燃えている 
星々 ぼしぼし
スターのきらめき

起伏がちかづいてきて
起伏が届けてくれる



そして

そして


地球はまある

地球をまわる

地球がふれる

地球にひびく

地球がさんざめく

地球のうえのお日様のした


サンドイッチされる私たちのからだ


贈りだそう 
巡りだそう 
浮けとろう

薫風の中
ロケットクロールをするのだ





そうして


そうして




よるのとばり

短編すべからく
夜のとばりが落ちる頃 


秘密の食べ物が
やってくる

 
モウレツ 
濃密 
ハチミツ 
甘い汁


芳醇な香りが
花ひらいていく喜びの満ち欠け

純情で透明なパステル調のブロックライン

星形の王様役

今日もナイスポーズしてる。

あなたもしている。ナイスポーズを。



役割よ

貴方の大切な能力よ

何者かになるのだ 
まだ何者でもないところから

たのしさを  続けるのだ


そうすると

そうすると


森に帰る


森に帰ってそれぞれの山を豊かにするのだ

森へ帰れ

 ああ帰れ

各々の森へ帰れ

 

森を豊かに育てるのだ

 
海へ帰れ 
空へ帰れ 
砂へ帰れ 
音に帰れ 
光に帰れ 


跳躍して帰っていくのだ


暖かみのある芯のところへ




やがて




静かに


 

全てが丸になる

 

全うするのだ

見たのだその姿を

 

 

大きな丸になる

 
丸になって飛んでいく



飛んでゆく


飛ぶには愛が必要なんだ

満たしていくぞ 
溢れていくぞ 
与えていくぞ 
糖度を上げるのだ 
めっためたのぎったぎたに糖度をあげるのだ 
粘度をあげるのだ

あんまくするぞ あんまくするぞ

あああんんまいなあ あんんまいなあ


刺激的な甘さの波

行っては戻って

戻っては来て



体感するんだ


生きてて良かった。と。


その次に来る。


生まれてきて良かった。と。





ステキなステッキ片手に携えて

ステップ タンタン

スキップ グングン


この地上を疾いて駈けていゆく


踏んでいる 

踏んでいる

ああ雑草を踏んでいけ 道が出来るぞ

ああ 踏んでいけ 踏んでいけ
砂浜を踏んでいけ 足跡が残るぞ

ああ 踏んでいけ 踏んでいけ
雪の上を踏んでいけ 雪が縮むぞ

ああ 踏んでいけ 踏んでいけ
貴方の影を踏んでいけ 足から影が離れないぞ

ああ 踏んでいけ 踏んでいけ
鼻歌を踏んでいけ 軽やかなステップだ 空へ飛び立つぞ

ああ 踏んでいけ踏んでいけ
そこは チョコレートの森だ 
そこは ケーキの森だ 飴のパラダイスだ

何度訪れていいものだ

こうした感覚は


祈りを込めた

起伏が何度もやってくる

その度に私たちは喜怒哀楽を繰り返し 
命を収縮させて 命を拍動させて あるがままを祝うのだ


深く深く祈りをこめて おこなう鎮魂のダンスよ

生まれ変わっていく世界を愛でる 移り変わっていく世界を愛でる


あなたにしか出来ないことを成し遂げなさい


そう伝えられてきたんだ。



そして

そして



濃いブルーの炭酸水の中を突き進む

ここは洞窟みたいな所だ。

さあ ざっぱーざっぱーと

開いて歩いて行こう。


届けこの想い

届けこの身体が伝えたいこと

地球のうえのお日様のしたで


折り重なる

織り合わさる

 
あなたの大切な楽しみよ


分かち合う喜びに


私の世界はときめきを隠せない




ようこそ ここへ

f:id:ichi-mason:20160103045006j:plain


ほんわか めそめそ

しゅるしゅる じょきじょき

ぴったり ぴたぴた

ゆさゆさ くくくっ

しみじみ ちょこちょこ

ぶんぶん どきどき

ぽちぽち    めめめ

ぷか ぷか ぷか

 

 

明けましてお愛でとうございます

本年もよろしくお願いします

 

今年の思い立ちは

『 かせぐ うつくしく 22 』です

示して 示して メッセージに育てていきます

 

この勢いは、

どんな勢いかと申しますと


毎日遠足する勢いだ

わくわく が うきうきするぞっ

 

 


さて、さて

信念のご挨拶から、折々の感謝のおはなしを

 

それは背筋に光が射してくる




『生活を愛でる 姿勢 がひたすら美しいこと』

 

 

折々のキビシサが愛おしい

鍛え 研ぎ澄まされ キビシサが愛おしい

 

教え 守ろうとしてくれたこと

伝え 育もうとしてくれたこと


光と闇はビビッドに一つにあって

淡いグラデーションが私を形づくる

 

夜明け 青みがかった空に

月が漏れ出てくる

おだやかな森の中で 世界がぐるぐると朝の支度をはじめる

そして今まで育ってきて、与えてくれたことや貰ってきたことを

その時が来たらば

新しく渡していくのだ 自分のやり方で



期待を込めて

受け取るキビシサは ただ感謝しかない


スタイルを持って 生きることを示している

その純然とした姿が ただただ美しい


周りに大事にされること 

その素晴らしさ 厳しさ からのメッセージ


個性は社会で守っていくのだ

 

自分で自分を大事にすること

自分自身を深く知るということ

自分にテキトウなモノを与えていると

人からもテキトウな扱いを受けるのだ

子供が大人のまねをするように

貴方が貴方にしている振る舞いを、貴方の周囲はまねるのだ

だから自分と向き合って、自分で自分に用意する環境はとっても大事


そして、その次のステップがある

貴方は貴方の周りの人のことを大切にするのだ

あなたが大切にしたい人を 一生付き合いたいと想う友人を

その都度感情のやりとりするのだ

 

それが途切れず続いていくと

貴方の周りが貴方を大切にしようと

行動で示してくれる 大切にしてくれる

貴方はそれがどんなに微細なことでも

気付くように感覚を研ぎ澄ましておくのだ


そしてそれを感じたときは、直ぐさま行動に移そう

 

感謝を伝えるのだ ありがとう って

なぜなら、それは

とても とても 愛でたいことだから

 

 


さあ、楽しいにフォーカスするのだ

嬉しさを伝染させるのだ

 


とっさに受けとり、とっさに出てくる

貴方の素直さが愛おしい

 

さあ、七草粥をたべる準備はできている。

うやうやしく
こころやすらかに 
あたらしい年を迎え
よちよちと続く 嬉しい が続いていく環境

それを守ってくれている全てに感謝


おめでとう ありがとう ようこそ ここへ

熟していく果実のいいところ
育てて 待って がぶっといただきます

ありがとう ありがとう ようこそ ここへ

燃えさかる 美味しそうに真っ赤に燃える 木々よ
盛るほのお 盛る火の塊

食べたい気持ちをこらえて こらえて

 

ありがとう おめでとう とっても イイ感じ